誘拐の掟 コメント

To Japanese fans

"I understand A Walk Among the Tombstones is about to open in Japan. I'm sorry Matthew Scudder's Japanese fans have had to wait so many months since the film's US opening, but it's a short wait compared to what we've all been through. From the time Scott Frank first read the novel and began working on adapting it, it's been more than fifteen years!

"I think you'll feel it was worth the wait. To my mind, Liam Neeson is the perfect actor to bring Matthew Scudder to life. He gives an extraordinary performance, and I can only hope he'll have the opportunity to play the character in future films. Faithful readers will note some changes in the script—Elaine is nowhere to be found, and some plot points have been changed, for better or for worse. But the picture works superbly on its own terms, and I hope it succeeds for Japanese viewers."


———Lawrence Block(Original Author)

『日本のみなさんへ』

『誘拐の掟』が日本でも近々公開されること、聞きました。アメリカで公開されたあと、日本のマット・スカダー・ファンは何ヵ月も待たされたわけで、それは残念なことでした。とはいえ、われわれみんなが経験したことと比べるとはるかに短い期間です。フランク・スコットが原作の『獣たちの墓』を読んで、脚色に取りかかるまでには十五年以上もかかったのですから!

でも、待たされた甲斐は充分あったと思います。私の考えを言えば、マット・スカダーを生身の人間に置き換えるのに、リーアム・ニーソンはまさに完璧な役者です。実にすばらしい演技を見せてくれました。私としては今後も彼がスカダー役を演じてくれることを願うばかりです。『獣たちの墓』をきちんと読まれた読者は、原作と映画の脚色との相違にいくつか気づかれたことでしょう――まずエレインはどこにも出てきません。その良し悪しは別として、ストーリーの重要な転換点も数個所で異なっています。それでも、映画は映画として独立し、傑出した作品になりました。日本でも多くの観客の心をとらえ、成功することを念じています。


———ローレンス・ブロック(原作者)